映画『Lily』音楽記事!!!

本日、またまたニュースが出ました!Yahoo!ヘッドラインをはじめといたしまして、

CDジャーナル等、あらゆる所でニュースが出ております。

今回のニュースは、映画Lily』の音楽を担当している坪口昌恭氏についてです。

彼は、”日本のビル・エバンス”と称され、東京ザヴィヌル・バッハ、ソロ活動等で

活躍中の高名なジャズ・ピアニストなのですが、

その坪口氏が今回、映画Lily』のために、

なんと!!!ジャズではなく、バリバリのエレクトロニカ!!!

オリジナル・テクノ・ミュージックを書き下ろしてくれています。

現在、公開の日に向かい、僕と坪口氏は日夜、スタジオにこもり、

サウンドトラックの最終仕上げに臨んでおります。

映画Lily』の物語はもちろん、そのご機嫌なエレクトロニカ・サウンドトラックにも

ご注目頂けますと、大変嬉しく思います!

Yahoo! Japan ヘッドライン

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110228-00000004-cdj-musi

CDジャーナル

http://www.cdjournal.com/main/news/tsuboguchi-masayasu/36983

エンタメ映画ナビ

http://eiganavi.entermeitele.net/news/2011/02/lily-c4c2.html#more

Yahoo! Music

http://smash.music.yahoo.co.jp/top/20110228-00000004-cdj/

feb 22

本日!!!

映画『Lily』の劇場用ポスターが刷り上がりました!!!

その刷り上がったポスターを、配給会社の方から受け取った時の感動といったら!

もう本当に筆舌に尽くしがたい喜びです…。

本当に本当に本当に嬉しかったです!!!

とにかく一刻も早く、このポスターを皆様にお披露目したいと思っております!

今週末より、都内で映画『Lily』のポスター、チラシ、

そして!!!特別鑑賞券が解禁されます!!!

さらに、明日からはもっと驚くべきニュースが!!!

期待してて下さい。

とにかく今日の仕事では、朝、刷り上がったポスターを渡されて以来、

それを片手に色々な仕事先を訪れている始末。

(だって朝早くから、持っているんだからしょうがない…笑)

そして思わず、訪れる仕事先のみんなに湧き上がる喜びを隠せず、

刷り上がったばかりのポスターを見せてしまいました!

さらに仕事の移動中は、所かまわず歩いている人達に、

このポスターを見せたくなる気持ちを必死に抑えておりました…(笑)

そして何よりも一番嬉しいのは、完成したポスターを見て喜んでくれる、

我が社のスタッフの笑顔、そして配給会社の人達のみんなの笑顔です!!!

とにかく僕たちは、いつもチームとして一丸となり映画『Lily』に向かっております!

もしこれから都内の劇場または、色々な所で、『Lily』のポスターを目にしましたら、

今の僕のように…、

これからやってくる映画『Lily』に、期待感満々でお待ち頂けますと嬉しく思います!

公開までいよいよですーーー!!!

ポスター!!!

本日!!!

映画『Lily』の劇場用ポスターが刷り上がりました!!!

その刷り上がったポスターを、配給会社の方から受け取った時の感動といったら!

もう本当に筆舌に尽くしがたい喜びです…。

本当に本当に本当に嬉しかったです!!!

とにかく一刻も早く、このポスターを皆様にお披露目したいと思っております!

今週末より、都内で映画『Lily』のポスター、チラシ、

そして!!!特別鑑賞券が解禁されます!!!

さらに、明日からはもっと驚くべきニュースが!!!

期待してて下さい。

とにかく今日の仕事では、朝、刷り上がったポスターを渡されて以来、

それを片手に色々な仕事先を訪れている始末。

(だって朝早くから、持っているんだからしょうがない…笑)

そして思わず、訪れる仕事先のみんなに湧き上がる喜びを隠せず、

刷り上がったばかりのポスターを見せてしまいました!

さらに仕事の移動中は、所かまわず歩いている人達に、

このポスターを見せたくなる気持ちを必死に抑えておりました…(笑)

そして何よりも一番嬉しいのは、完成したポスターを見て喜んでくれる、

我が社のスタッフの笑顔、そして配給会社の人達のみんなの笑顔です!!!

とにかく僕たちは、いつもチームとして一丸となり映画『Lily』に向かっております!

もしこれから都内の劇場または、色々な所で、『Lily』のポスターを目にしましたら、

今の僕のように…、

これからやってくる映画『Lily』に、期待感満々でお待ち頂けますと嬉しく思います!

公開までいよいよですーーー!!!

アジアカップから現在まで

これも少し古い話題なのですが、先月のアジアカップは、

日本代表の試合を、連日、大変興奮しながら見ていました。

元来、スポーツは大好きで!特に野球とサッカーが大好きです。

アメリカにいた頃は、年に何度もメジャーリーグの試合を観戦しに行きました。

その中でも特に、WBCの第一回大会の決勝戦:日本VSキューバ戦を

サンディエゴのペトコ・パークで見た思い出は、

今でも僕の中で鮮烈に記憶に残っている思い出です。

スポーツの試合を見て、涙を流して感動したのもあの時が初めてでした。

…と話が少し逸れましたので、アジアカップの話に戻ります。

とにかく、今回のアジアカップは連日の熱戦で、選手の皆さんは想像を絶する

プレッシャーの中で戦っていたと思うのですが、一日本代表サポーターとして、

こんなに興奮する試合が見れて、本当に至福の経験の連続でありました。

今大会は特にハイライトが多かったと思うですが、

(決勝の李忠成選手の漫画の世界から飛び出してきたような鮮烈なボレーシュート、

GK川島選手の再三の神がかったようなス―パーセーブなど)

その中でも個人的に僕が最も感動したのが、準々決勝のカタール戦での、

香川真司選手の二点目のゴール!!!

バルサのメッシを彷彿させる、あの一人でドリブルでゴールに切り込む姿。

相手GKと一対一になっても全く落ち着いていて、

あたかも相手GKを持て遊ぶかのように余裕をもって決めたあのゴール!!!

香川選手のあの芸術的なシュートが、僕にとって今回のアジアカップでのハイライト、

そして最も忘れられないモーメントとなりました!

あのゴールを見た瞬間、それまで座って中継を見ていた僕は興奮のあまり、

無意識のうちに自然に立ち上がって、

大声を上げ、テレビの前で何度もジャンプを繰り返していました…(笑)

そんなわけで、僕が今回アジアカップを見て思ったのは、

ゴール前での、日本人選手達のゴールを執拗に狙う姿、最後まであきらめずに

貪欲に点を取りに行く姿勢、それは決勝戦まで全く変わらなかったと思います。

そしてそんな姿を見て、日本代表は本当に変わったな、強くなったな!

と心の底から感動を覚え、大きな喜びを感じていたものでした。

そのアジアカップでの日本選手の劇的な活躍の影響もあるのでしょうか、

最近、ヨーロッパでの日本人選手の躍進ぶりは目を見張るものがありますよね!

インテルに電撃移籍した長友選手はもちろん、ドルトムントでの香川選手

(アジアカップでの怪我が非常に残念です。早い回復を願っております)

そして最近では、いきなりアーセナルに行き、現在、フェイエノールトで活躍中の、

まだ18歳!!!(驚)の宮市選手!!!

凄い才能だらけで、いつも試合結果をチェックするだけで嬉しくなります。

そしてこうして海外で活躍している日本選手の姿を見ていると、

自分もまた強い影響・刺激を受けます。

僕も、また新たな作品を海外で作りたい!!!

という強い気持ちに駆られる時があります。

でも今は、何よりも!!!まず一番最初に!

公開が迫ってきている『Lily』を日本の皆様にご覧頂きたい!!!

という気持ちで一杯です!!!

今から皆様に僕の映画をご覧頂くのをとても楽しみにしております!!!

ソーシャル・ネットワーク

少し古い話題ですが、

先月、今年のアカデミー賞の作品賞の大本命!と言われている、

ソーシャルネットワーク』を映画館に見に行っていってきました。

最近、仕事が忙しく、ただでさえ映画が見れなく、

極度の映画欠乏症のような感じで、

映画が見れないだけで、とてもストレスがたまるというか、

凄い禁断症状になってしまうような性格なので、

久しぶりに劇場に映画を見に行ける!という事だけで、

妙にテンションが上がってしまいました!(笑)

しかも監督のデヴィッド・フィンチャーは、初期の黄金の三部作、

『セブン』、『ゲーム』、『ファイトクラブ』がもう本当に大々々々好きで!!!

そんなフィンチャー監督の新作という事で、いやがおうにも期待大!

で見に行ってしまいました!

この映画、facebookの創設のエピソードを描く映画!という事で何かと話題ですが、

僕はこの映画を見て感じたのは、その話の現代的な所ではなく、

意外や意外、いつの時代でも変わらない、若者達の立身出世物語、

今までの青春映画で何度なく語られてきた”友情・成功・失望・裏切り”をテーマにした、

普遍的な物語であると感じました。

ある意味、映画を見終わった直後よりも、その後、数週間かけて、

じわーと心に残っていく、記憶に残っていく映画だと思いました。

そしてこの映画で、僕が一番好きだったのは!

とにかく俳優達!素晴らしいです!俳優達の演技が素晴らしすぎる!!!

主役のマーク・ザッカーバーグを演じたジェシー・アイゼンバーグの鬼気迫る演技は、

本当に素晴らしいと思いました。ジェシー・アイゼンバーグは昔から、

『イカとクジラ』や『アドベンチャーランドへようこそ』など、

とてもクオリティーは高いけど、

あまり有名じゃないアメリカのインディペンデント映画で見ていたので、

その独特の存在感と演技力は、目を引くものがあったのですが、

まさか、こんなハリウッドの大作の主役に選ばれるとは思っていませんでした!

個人的な願望ですが、是非、オスカーの主演男優賞を取ってほしい!

さらにマークの親友のサヴェリン役、

現在・新スパイダーマン/ピーター・パーカー役で撮影中の、

アンドリュー・ガーフィールド!!!相変わらずうまい!!!

僕は、彼が主演しているイギリス映画、

『BOY A』

という映画が、もう本当に大好きで大好きでしょうがなくて、

こちらも本当にお勧めの作品です!

でも、そんな素晴らしい俳優陣の中でも、僕が最も感動したのが、

ナップスターの創設者・ショーン・パーカーを演じた、

ジャスティン・ティンバーレイク!!!

…アメリカのアイドルですよ。

でも、本当に本当に素晴らしい演技でした!

大胆不敵な野心家でありながら、お調子者で小心者である、という、

この役の特徴を本当に見事に演じきっておりました!

映画を見終わった後、まず第一声で発したのが、

「いやー、ジャスティン・ティンバーレイクの演技すごかったな…」でした…(笑)

この映画を見て、また改めてアメリカの俳優の地の演技の上手さを痛感しました。

…すごい!

とにかく、その役になりきって説得力を持たせる演技のパワーが半端じゃない!

アイドルであるジャスティン・ティンバーレイクの姿なんて全く思い出せなくらい、

役にはまりきっておりました!

僕の一番のお気に入りのシーンは、

ジャスティン演じるショーン・パーカーが初めてマークとサヴェリンに会って、

機関銃のように話しまくるモンタージュ。

僕は元来、映画の表現手法の中で、モンタージュが本当に大好きなのですが!!!!

このショーン・パーカー登場の、めくるめくモンタージュ・シーンは、

そのめまぐるしい編集、音楽の使い方もあって、

ショーン・パーカーのカリスマ性をとことん表現しきった、

素晴らしいシーンだと思いました!

またこんなシンプルな会話シーンをここまで映像的に強烈なインパクトで表現し、

さらに、お洒落感満載で作り上げてしまう、昔ながらのデヴィッド・フィンチャー印を、

とことん感じられる至福のシーンでもありました。

そして演技以外で、僕が最も興奮したのが…、

ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナーが、この映画のために書き下ろした、

オリジナル・サウンドトラック!!!

めっちゃめちゃクールです!

特に映画が始まってすぐのシーンで、

マークがハーバード大学のキャンパスを走って、自分の部屋に帰る一連のシーンで、

バリバリのエレクトロニカのクールな曲が流れる。

思わず映画を見ながら、「かっこいい…」とつぶやいてしまいました!

とにかく、そんなこんなでまだまだ見たい映画はいっぱいあるのですが、

とにかく時間を見つけて、早く映画が見に行きたい!

次に見たいのは、ベン・アフレック監督・出演の

『ザ・タウン』

です。トレイラーを見て、「あー!めちゃくちゃ面白そうだな!見に行きたい!」

…と瞬時に反応してしまいました(笑)

前作の『ゴーン・ベイビー・ゴーン』も好きだったので!

…早く見たいです!

ビジネスセミナー 講師

皆様、お久しぶりです。

最近、4月公開に向けて、ポスター、チラシ、予告編等の製作の仕事に追われており、

ブログが全く更新できませんでした。

でも、お陰様でとてもクールなポスターが完成いたしましたので、

楽しみにお待ち頂ければ、とても嬉しく思います!

今から発表がとても楽しみです。

…早く皆さんにお披露目・発表したいです!!!

そして劇場公開が近づいてまいりましたので、

これからさらに積極的にブログで色々な情報を発信してまりいたいと思っています!

今後ともよろしくお願いいたします。

また今週、2月18日、金曜日の夜、

「海野会」という、スウィングバイ2020株式会社・海野恵一社長主催の

ビジネスセミナー講師として、講演いたします。

このビジネスセミナーは、国際化が進む現代の日本社会において、

グローバル企業として躍進・活躍なさっている多くの企業家の方達が参加されている

セミナーでありまして、その講師として講演させて頂けるのは、

とても名誉な事であり、今からとても興奮しています!

海野社長ともご一緒にお食事をさせて頂く機会があったのですが、

その国際的な視点、”世界の中での日本”というマクロな世界観から、

日本の将来を憂い思う、その思想・アイデアには大変感銘を受けました!

金曜日の講演の詳細は、以下です。

http://www.seminar2020.jp/lecturer1102.html

http://www.seminar2020.jp/global.html

講演では、映画人・ビジネスマン両方の視点から、

色々と語っていきたいと思っています。

そして今、こうしてブログを書いている間、東京の街はあたり一面の銀世界です。

久しぶりに雪が降り積もる美しい景色を見たので、

なんだかロマンチックな気持ちになってしまいました。

子供の頃から、雪は大好きで(冬に生まれたというのも関係あるのでしょうか)

雪が降ると、なぜか心から感動していたのを覚えています。

ある意味、せつない気持ちにもなってしまいますね。

とにかく僕は、雪が降る景色、雪で彩られた街並みが大好きです!

…その中を歩くのは大変ですが(笑)

こういう雪が積もった美しい夜は、

自分の中の過去の色々な想い出、昔の事、そして最近起こった事までも、

鮮明に思い出し、その想い出の数々に浸って色々と考えてしまいます。

今は会えない人達に対して思いを馳せる…、

今頃、何をして過ごしているんだろう?

と思わず考えてしまうような…、…そんな夜ですね!