講演会での一日!!!

先週の日曜日、7月1日、「日本・アメリカで挑む最高の映画への道」というタイトルで、千葉・船橋にて講演させて頂きました!

JULY 1ST, 2012 @ 船橋東部公民館講堂

13:30-14:30

【日本・アメリカで挑む最高の映画への道】

 

当日はポツポツと小雨も降る中で、最高のコンディションといえない状況であったのですが…、千葉にいらっしゃる沢山の方々に集まって頂き、本当に感無量の思いでありました。

そして講演会場に着き、会場内で既に着席して待ってくださっている多くの方々の姿を見たら…、僕自身もなぜか心のボルテージが物凄い勢いで上がっていき…。「早く壇上に登って話し始めたいな!」という興奮状態になっていきました(笑)

 

…そして講演は、きっちり13時半からスタート!

講演中は、時に多くの冗談を交えながらも、今までの僕の道のり、そしてこれからの作品作りへの熱い想いを語りつくさせて頂きました。講演の前半では、日本から海外に行き、アメリカの大学の映画学科で学生映画を作り始め、そして卒業後、実際にプロの映画監督になるまでの自伝的なお話しを詳しくさせて頂きました。これこそまさしく泣き笑い珍道中のストーリー(笑)のような感じで、話を聞いている多くの方達の間で何度も爆笑が起こったのですが…。

講演の後半では、一転、僕が映画『Lily』を、何としてでも、どうしても日本の皆さんに届けたかった…という私的な想いを話し始めてしまい…。するとここからなぜか、話してる自分でもさらに熱くなってきてしまったのか(笑)…今まであまり語ってこなかった、日本人映画監督としての自分が強く抱いている、日本の観客の皆様への「特別な想い」を打ち明け始めてしまいました。さらに、アメリカをはじめ海外で、これから僕が作っていく作品の具体的な展望や構想。そしてフィルムメーカーとしての自分が将来、どのように成長しているか具体的な夢までをも思わず吐露してしまいました。結果として、僕は、自分をずっと支え続けてくれた、僕の中にある、「日本への変わらない強い想い」について、どこまでも熱く話し続けてしまいました…。

これもそれも、やはり、ご来場いただいた皆さんの顔を見ているうちに、そして会場の雰囲気がどんどん熱くなっていくのを肌で感じるうちに、話している僕自身ですらも、その熱気に巻き込まれていってしまったからだったと思います。そして何よりも、千葉・船橋の皆さんの熱い期待・熱気みたいなものを感じる事ができ、それに応えたい!と思ったからこそ、僕の中から、抑えきれない想いの数々が、自然に溢れ出てきてしまったのでしょう…!

…ご来場頂いた皆さんも本当に楽しい時間を過ごしてくれたようで嬉しかった!!!

そして結果として…僕自身が一番、この講演を楽しんでしまったのではないか…!と思えるくらいに最高に楽しい時間を過ごす事ができました!

千葉、そして船橋の皆様!本当にありがとうございました!!!

 

IT WAS SUCH A BEAUTIFUL SUNDAY!!!